スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.4.22 Tue 高円寺ペンギンハウス

プランチャーチョップスティックのホームと言っても過言ではない高円寺ペンギ
ンハウス。
今回もめっちゃ気持ちのいい時間をもらった。

平日の出番だと、仕事の関係でリハもできず。
そんなワガママなおいらたちでも邪険にしないスタッフ。
本当にいつも申し訳ないです!!

着いたときには、すでに2組目の途中だったようだ。
この日の対バンもみな素敵だったが、
オレ的には地味KENとひとりignorantsがめっちゃツボ!!

地味KEN、めっちゃギターうまい!!
それに謙遜していたけど歌も素晴らしいぜ!!
クラシックスタイルのエレアコっていうのがまたいい。
普通のと違って、あまり高音が立ちすぎなくて、
甘くて太めの温かい音が楽曲にマッチしている。
タッチの繊細さも、このギターだからこそ生きるのだろう。

ひとりIGNORANTSは、対照的なサウンド。
こちらもエレアコなんだけど、ギンギンに歪ませてる。
ギルドのギターをオープンチューニングにして、
ギュイン、ギュインと爆音をかき鳴らす。
見ていてつい引き込まれてしまうステージングも魅力だ。

すっかり客席を暖めてもらったあとにオレらの登場。
今日もお客さんががっちり支えてくれて本当にありがたいなあ!
なんと今回は、新曲を2曲ひっさげてのペンギンハウス。
新曲と言っても、そのうちの1曲は昔のレパートリーを
今のプランチャースタイルにアレンジし直したんだけどね。

まっさらの新曲のタイトルは「ロマンチックお兄ちゃん」

  ロマンチックお兄ちゃんの音楽を shake P.A.
  ロマンチックお兄ちゃんは奏でるよ shakespiare
  生きるべきか死ぬべきか そんなのは問題じゃない

というシニカルな浅井節が爆裂したニューソング
ずいぶんとお客さんにもウケてたよ!
やったね、大成功!!

お客さんも楽しんでくれていたけれど、
それ以上に、メンバーが楽しませてもらったステージ。
最高のサポートをしてくれるスタッフに大感謝。

ハネたあと、ペンギンハウスの歴史について
いろいろとうかがいながら、楽しくお酒を飲む。
そして、見に来てくれたファンの方々と飲み屋で盛り上がり、
男前ハイボールですっかり出来上がり!!

いやいや、本当に最高だね、ペンギンハウス!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。